暫く休職し、2007/10/18から中国深センの龍華ということろに滞在しはじめました。          日本国籍を持つ台湾娘です。旦那は台湾高雄出身の黒肌男児です。(≧▽≦)      


by lala-kansai

カテゴリ:思い出( 5 )

結婚一周年

今日は結婚一周年です。

一人暮らしの妻は寂しい~~><;


昨日の日曜日にあるハプニングがありまして、
夕方に旦那に電話をかけました。
一回目、繋がった。すぐ切られました。
ネット電話の具合が悪いかな~

二回目をかけました。同じくすぐ切られました。
え?おかしい~

三回目をかけました。またすぐ切られました。
なにしてんのよ。もう=

四回目をかけました。またすぐ切られました。
いい加減にしろよ。繋がりにくいならかかって来いよ。

五回目をかけました。またすぐ切られました。
マジで腹たった。
絶対おかしい。

六回目をかけました。今度は繋がりました。しかしゴルフの打ちぱなし場ぽい音がして、誰も声を出してくれませんでした。
もしもし・・・おかしい・・

七回目をかけました。今度もすぐ繋がりました。しかし同じく誰もしゃべってくれない。横が打ちぱなしの音がする、
そして女の子達の笑い声が少し聞こえました。
もしもし・・・・旦那を呼んでくれませんか?・・・
同じく無言です。
なによ・・・

八回目をかけました。今度もすぐ繋がりまして、先と同じ無言のままに、打ちぱなしの音だけ・・・
こっちも無言。。。2分経過。。。

九回目をかけました。同じく2分を経過。

十回目をかけました。。。同じ。。。。

これはやっぱり女??

旦那にキツク追求したら、ヘットフォンを携帯に挿したまんまで打ちぱなしなので、自動的に電話は受信すると。

なら最初の5回すぐ切られたことはどう説明するの?
雨の日だから。。電波が悪かっただけ・・・

どうでしょう~
信じるべき?信じないべき?

一人暮らしの妻は疑い深い・・・
[PR]
by lala-kansai | 2007-06-11 23:25 | 思い出

誕生日プレゼント

e0101918_1401028.jpg


說到這次生日~~
我和老公認識以來大概只有一起過過一次生日
之後不論戀愛期還是結婚後都是遠距離,所以通常節日也都沒機會一起過~~
好不容易盼到今年的生日剛好是和老公一起放假去台灣
想說一定要跟老公兩個人去一頓浪漫的晚餐~

結果~
那天是跟老公回高雄的第一天
本來的計畫是晚上兩個人去吃頓好的,然後看個電影~好好約會一下
為了這個計畫,想說也是剛回高雄,所以中午應該要孝敬公婆一下
所以早上起來之後就打給婆婆,問他們中午要不要過來吃飯,我要準備去買菜
沒想到婆婆竟然先跟我淡淡的說了生日快樂之後,又
說家裡還有父母長輩在,晚輩不能慶生,低調一點,煮豬腳麵線吃就好...

奇怪~我打點話叫他們來吃中飯,又不是要他們來幫我慶生
只是想說剛回高雄應該盡一下媳婦的責任,再加上晚上沒有要和他們吃飯的打算
所以箱說應該先陪他們吃飯而已的說~~
結果一早就被潑了個冷水~~真是的

接著婆婆又說叫我跟老公快點回去他的娘家屏東看外婆~
本來是打算第二天去的說,這下計畫都被打亂了
雖然老公一直反抗說當天不要,可是為人媳婦的我
怎麼好意思說不要,只好在中間還要勸老公說就當天下午回去屏東看外婆~~
到了屏東,當然我是最年輕的媳婦,所以煮飯洗碗都是免不了的囉~~
就這樣度過了我的31歲生日~~><

生日當天早上
娘家爸爸,媽媽和弟弟,表姊都打來跟我生日快樂
尤其是老爸一早就打來說~~
真的是嫁出去之後才知道娘家的好喔~~

不過這次老公給我的生日禮物我超級開心的
是我一直想要買的款式說~~
看在禮物的份上~算了不跟他計較了~~
呵呵~
[PR]
by lala-kansai | 2007-05-11 01:46 | 思い出

我結婚了

06/6/11我結婚了

從新聞台開始我的BLOG就是在寫我和大頭的故事
經過一番波折

連我也從台灣人變成日本人,
然後竟然嫁給大頭這個台灣人,結果在台灣變成外籍新娘

種種的經過

我們終於結婚了~~

很難相信
終究我還是選擇了大頭

身邊很多親戚朋友也不是很看好(連我自己也是)

不過記得一個朋友說的
婚姻是需要更多的耐心與包容

我們會加油的~~e0101918_21512444.jpg
[PR]
by lala-kansai | 2006-06-12 08:00 | 思い出

保留遺憾

前一篇文章是2003年寫在新聞台的
當時還有附一張在ICU和阿公照的照片
(只是我不知道怎麼貼上來,因為他不是JIG也不是JPG檔)

因為新聞台常當機
我很怕那篇有紀念性的文章會不見
所以我又把他拉到這裡來存
想說日本的可能比較不會當吧??(是嗎?)

那篇文章的沒多久
阿公就走了

今天忽然想到阿公
有點難過

難過的是,阿公在的時候我們都沒有好好想到他
難過的是,走了我才在這想到他

或許我也是個冷淡的人
[PR]
by lala-kansai | 2006-01-01 13:40 | 思い出

我還不想說再見

2003年11月

剛去台灣4天回來
看了躺在加護病房的阿公

心很痛..
難過的不是現在阿公的樣子
而是讓阿公變成這樣子的家人

可是我有什麼說話的資格
我又何嘗不是都不聞不問

腦袋裡頭浮現小時後一大早跟阿公去爬圓山的畫面
下山後阿公帶我去吃兩顆荷包蛋的西式早餐
還有阿公的大肚子...

以前愛漂亮的阿公
總是穿著筆挺的西裝,帶著帽子
像古時候西洋電影裡頭的紳士
眼前的阿公卻只剩皮包骨
身上都是管子...

聽到我叫他
他用剩下的一隻半閉的眼睛,留下眼淚
這是他唯一可以讓我知道,他知道我來過的方法...

我知道一切都太晚了
現在已經沒有辦法
再看到阿公爬山的樣子
再聽到阿公說話的聲音
再看到阿公在鏡子面前梳油油頭的樣子

不過即使只能心痛的看到阿公的眼淚也好
請阿公再努力一下下
因為我還沒有做好說再見的準備...
[PR]
by lala-kansai | 2003-11-24 19:01 | 思い出